たいやきやいた

たいやきはじめました。

考えることをやめたオタクの無印週間(整頓のための整頓編)

仕事を辞めた。

ヒステリックな上司から信じられないような暴言をたくさん浴びて、なんかもう心身ともにボロボロで、命からがら逃げ出してしまった。

まぁ、過ぎたことはどうしようもない。それよりもその職場で改めて絶望したことがあった。


私、物の管理が壊滅的に下手すぎる。


薄々気づいてはいたけど、まさかここまで酷いとは思わなかった。

思えば小学校のころ、机の奥の方にくしゃくしゃに丸まったハンカチが7枚入っていたことがあった。自室の本棚は巻数を揃える以前に作品もごちゃまぜで平積みがあたりまえ。定期入れはいつもかばんの中で行方不明。かばん以外の手荷物は高確率で遺失物保管所行き……

そんなことがしょっちゅうで、「またやってしまった」と悔やんでは呆然と立ち尽くしてしまうのだった。

10代のころは、家に遊びに来た友達が「しっかりしてよ〜!」と呆れながら本棚を整頓してくれたし(心のなかでプロポーズした)、親は親で天然と楽観を掛け合わしたような人なので、相談してもふわふわしてしまっていつまでも答えに着地しなかった。

結果、強い遺伝から「自分は人よりちょっとだらしがないだけ」と変にポジティブに捉えてしまい、なんとなく乗り切ってなんとなく大人になってしまった。


ある日、冒頭の職場で「使ったら元の場所に戻して! 貴方はそれがまったくできていない」と指摘された。めちゃくちゃ謝って「直します」と言った。言ったけど本当に直せる気はしなかったから不安だった。

意識しようにも、頭には次にやることが湯水のように湧き出てくるので、条件反射的にそれを処理してしまう。まるでモグラ叩きだ。振り返るといつもやりっぱなしの残骸がそこらじゅうに散らかっている状態だった。

これでは人に迷惑をかけるだけだし、そろそろいろんなことが限界だった。縋るようなきもちで病院に駆け込んだら、そこの先生との相性がまぁ悪かった。結局なんにも解決されずに薬だけ出されて終わりだった。

それよりもそのあと薬局でお会計してくれた綺麗な薬剤師さんに「同じような症状の方に、毎日がジェットコースターのようだと聞きました。お辛かったですね」と言われたことでストンと気持ちが落ち着いた。結局首を振るだけでなにも言えなかったけど、薬局の階段を降りるときにたがが外れたように泣いた。

本当にジェットコースターのような日々だった。目に痛い毒々しい色のジェットコースターが走って、爆音のモグラ叩きの横ではキャラクターたちが大暴走、みたいなびっくり遊園地を年中無休で運営していた。みんなそんなもんだと思っていた。


多動的なものは努力で直るものではないらしい。ならばせめて人に迷惑をかけない程度に、ほどよく力を抜いて、少しずつできることを増やしていきたい、と思えるまでには回復した今、収納に挑戦している。

収納系で有名なインスタグラマーの投稿を見ていると、笑っちゃうくらい生活感のない完璧な収納を見かける。たぶん、私はここまではできない。実際にここまで綺麗に片付いたら気持ちがいいだろうけど、できないことは無理にやらないほうがいい。

ただ、「そこまでする!?」と笑いながら、きちんと整頓された写真を眺める時間は結構好きだった。

 

■「わかりにくい」が一番の敵

忙しい日が続くと部屋がびっくりするくらい大荒れになる。

雑誌やCDは例のごとく適当に平積みになっているし、戦利品のフォトセやステフォ*1は袋に入ったままの状態で机の上に放置。チケットもそのまま散乱。ちゃんと収まるべき所に収まっているのはツアー前にがんばって作った団扇と双眼鏡だけだった。

団扇や双眼鏡のように定位置がしっかりと決まっていて、1アクション(クローゼットを開けて入れるだけ)で戻せるものは、比較的片付けが楽だ。寝る前、もしくは空いた時間に戻すことができる。

それに対して、入れる順番を考えたり何アクションも必要な写真類は「さぁ片付けるぞ!」と本腰を入れて向き合わなければならず、ついつい後回しにしてしまう。

基本的に“その時”が向こうから訪れることはなく、机を使うタイミングか人を招くタイミングでやっと(仕方なしに)片付ける。使ったら戻そうにも戻す場所がないことには戻せないので、まずは整頓するための整頓からはじめることにした。


めんどくさがり屋で飽き性の自分には、いくつか決まりごとを作る必要があった。ぱっと思いついたのがこの4つ。

  • 何がどこにあるのか、パッと見ですぐわかる
  • 出し入れしやすい
  • 見た目をすっきりさせる
  • 考えないでできる


これだけ、簡単!
(©️ダンシング五関先生)

・何がどこにあるのか、パッと見ですぐわかる
・出し入れしやすい

探す手間と出し入れの手間を省くことで「片付け、怖くない」と脳に刷り込む。

・見た目をすっきりさせる

収納用品をできるだけ統一して無駄な情報を減らす。あと単純にビジュアルが良いとテンションが上がる。

・考えないでできる

準備の段階で頭を使いすぎるとその時点で飽きてしまうので、挫折しない程度に力を抜く。めんどくさがり屋にはこれが一番重要な気がする。

 

名付けて「考えるな感じろ収納」だ。

オタクはただでさえ考えることがたくさんある。担当のこと、チケットのこと、お金のこと、スケジュールのこと……。普通に生きていたら考えなくていいことも考えている。流れる時間は平等なのに、仕事や人付き合いと平行して。すごい。もはや人間を超えている。

だったらもう収納なんて深く考えなくていい。ある程度使いやすくて、ある程度格好が良くて、ある程度費用がかからなくて、ある程度楽に揃えられればいい。

なんかこう、スタイリッシュな箱に詰め込んで終わり!みたいな、そんな魔法の箱があればいいのに……



無印「あるよ」

www.muji.net



あった〜〜〜!


件のインスタグラマーの写真に必ずといっていいほど登場するアイテムなのでご存知の方も多いと思う。特にポリプロピレンファイルボックス。これがまぁ便利で扱いやすい。

  • 頑丈
  • そのまま横にして使うもよし、立ててブックエンド代わりに使うもよし
  • 丸洗いできる
  • サイズ展開がある*2
  • 無印週間なら10%OFFで買える


なんでもポイポイと放り込んでラベリングしてしまえばスッキリしてしまう魔法の箱が本当に実在した。

幸運なことにちょうど無印週間だったので、この際だからと収納用品は無印で揃えることにした。いろんなお店を比較するのも面倒だし。もちろん代用できるものは思いつく限りの範囲で代用して、足りないものは他で揃える。これならできるかもしれない!


f:id:taiyakisat:20181005200409j:plain

モザイク越しでもやばさしか感じないクローゼット



後編ではいよいよ収納していきます。

*1:フォトセットとステージフォトの略。主にフォトセはコンサートグッズや舞台のグッズとして販売され、ステフォは舞台公演を撮影したものがゲリラ的に販売される。

*2:ノーマルやワイド、浅めなど 全4種類/2018年10月現在

ドリフェス ジャニーズ枠の傾向と対策 2017

みんな〜〜〜ドリフェスにKinKi Kidsが出るよ〜〜〜〜!!!!

www.oricon.co.jp


今年もドリフェスの季節がやってきましたね。

なんとなく今年のジャニーズ枠はテゴマスかな〜と予想していたんですが、まさかのデュオ違いでした。

私には見える……ジェロマのペンラ芸を目撃した共演者のファンが終演後「キンキファンがヲタ芸してたwwww」ってツイートする姿が。(なお、チケットは持っていない)

室内とはいえ外部のイベントにキンキってかなり珍しいし、なにより剛くんのご復帰!

正直こんなにも早くふたり揃ってステージに立つ姿が見られると思っていなかったので、剛くんの回復やスケジュール、いろんな奇跡が重なって今回の出演が決まったのかな〜と思うと本当に胸がいっぱいです。剛くんおかえりなさい!


2011年からドリフェスを追い続けてきた自称ドリフェス芸人の名にかけて、少しでもファンの方のお役に立てたらうれしいです。

過去の記事もご参考までに。

taiyakisat.hatenablog.jp

taiyakisat.hatenablog.jp

 

ドリフェスの傾向と対策

ジャニーズは毎年1組だけ出演していて、登場順もバラバラ。

2011年:TOKIO………4番目
2012年:テゴマス……3番目
2013年:堂本剛………5番目
2014年:渋谷すばる…5番目
2015年:関ジャニ∞ …1番目
2016年:V6……………1番目
※すべて6組中

一つだけ注意しておきたいのは、ドリフェスは事前に出演順が発表されないんですよね。「断固として! 特定のアーティストだけを見る!」という方には向いていないかもしれません。

次のアーティストを予想しながら待つドキドキ感はドリフェスならではだし、どのアーティストも大変盛り上がるので、音楽が好きな人はきっと最初から最後まで楽しいと思います。


披露する曲数は大体7・8曲。ただし昨年のV6はメドレーが入ったので14曲(!)。1組約40分のステージで、転換は20分くらい。トータル5時間越えの長時間戦です。

代々木体育館のときは建物内の売店と、外に飲食の屋台が出ていました。今回はさいたまスーパーアリーナなので建物内の売店だけになるかな? いずれにしても場内飲食禁止の場合があるので、座席に持ち込む前に確認した方がよさそうです。

 

ペンラ・うちわ問題

毎年議論が飛び交うペンラ・うちわ持ち込み問題。これはね〜〜〜なんとも言えないんですよね……。ドリフェスの公式グッズにもペンラが出るのでペンラはOKな雰囲気がありますが、うちわに関しては賛否両論あるみたいです。

バンドからアイドルまでいろんなアーティストが出演するので、もちろんファンの雰囲気もそれぞれ違うんですよ。旗を振るファンがいれば稲穂を振るファンもいるなかで、胸の高さで持つうちわがアウトなのかと言われたら、う〜ん……。いっそ事務所側からお達しがあれば平和なんですけどね。

 

なんにせよ、近隣に迷惑がかかる行為だけは絶対にNGです。キンキの、復帰する剛くんの晴れ舞台ですから。参加される皆さんが幸せな気持ちで帰路につけるよう願っています。

初めて誰かのファンになった日のこと

二十歳を過ぎ、趣味のためにしか使っていなかったお金をそろそろ自分自信のために使わないといけないのかな、と思う場面が増えてきました。もちろん趣味は心を充実させてくれる大切なことだけど、度合いによっては莫大なお金と時間が必要。その割合を減らして、美容系にお金をかけたり、見ないふりをしていた体のメンテナンスに回す選択肢だってあるんじゃないか、って。

けれど、人生の半分以上を誰かのファンとして生きてしまったために、いまさら誰かのファンではない人生歩もうとしても、どうしていいのかわからないんです。新譜を買わない、欠かさず見る番組がない、週末ライブに行かない、チェックするブログがない生活なんて、何が楽しいんだろう?と思ってしまう。

と書いておきながら、この件については寝っ転がってお菓子を食べながら「どうしよっかな〜」って呟く程度にしか考えていないので、どちらかというとどうすればえび座にもう一回入れるのか、キンキとJUMPとエイトのドームは果たして当たるのか、という方が深刻な問題だったりします。無理無理、イケメンのない日常なんて絶対ムリ〜!

そこでふと、なんでこうなったんだろうって思い返してみた。


2005年ごろ、はじめて特定の誰かのファンになりました。

当時学生の間では空前の「ごくせん 第2シリーズ」ブームが到来。話題の中心はいつもごくせん。5分でも時間があればドッチボールをやりに校庭に出ていた男の子に比べて女の子は成長が早くて、大人びていて、そしてごくせんに夢中だった。

『亀派? 仁派?』『わたしは亀派♡』

なんて会話があちこちで交わされて、当時4人くらいで回していた交換ノートには毎回ごくせんの感想や雑誌の切り抜きが貼られていた。

わたしも例に漏れることなくKAT-TUNのファンに……と言いたいところだけれど、わたしはそんな彼女たちを横目に、タオルとタンクトップが似合うTOKIOにゾッコンだった。鉄腕DASHを見ては『たっつん(山口達也くん)かっこいい♡』と甘いため息を漏らし、運動会で「AMBITIOUS JAPAN!」が流れれば『TOKIOだ!これ、TOKIOの曲だよ!』と友達の肩を揺すり回っていた。

長瀬くんは当時まだ20代だったのに、10代の女の子にとって20代後半はもう"おじさん"に分類されるらしく、同級生からは『なんでTOKIOなの? おじさんじゃん(笑)』と真正面から喧嘩を売られる毎日。内心では"おじさんの色気がわかんないなんて、アンタたちまだまだ子供ね。"とクラスメイトに中指を立てていた。ちなみにこの頃の愛読書は漫画「NANA」。クソませガキである。

そんなこともあって、絶対に若いアイドル(小学生にとって若いとは……?)なんか好きにならない!と心に決めたのと同時に、初めて自分が"ファン"であることを自覚した。

それからはもう、寝ても覚めてもたっつん。配られたプリントの空白には目がまんまるのたっつんを中心にTOKIOのメンバーの似ても似つかない似顔絵を描いた。お風呂にはアヒル隊長を浮かべて、家族共用のパソコンの壁紙はDASH村の公式壁紙に設定。「僕の恋愛事情と台所事情」が番組内で発表されたときにはラジカセをテレビにひっつけて録音したし、ビデオに録画した音楽番組を擦り切れるまで繰り返し見た。もちろんこれまでの経験にファンという文字がなかったから、周りにお手本がいない中でのファン活動は手探りで、必死だった。

TOKIOの音楽は大好きだった*1けど、CDは買ったことがなかった。この頃はまだ、CDを買うという概念がなかった。ファンクラブの存在も知らなかったし、ジャニーズが生でコンサートをやるなんて誰も教えてくれなかった。一度だけ友達にとってもらったチケットでゴマキ後藤真希)のコンサートに行ったことがあったけれど、ステージに立っているのは最後まで動く人形だと思っていたくらいだし。テレビ番組に出ている人は完全にテレビの中だけの人だと思っていた。それでも楽しかった。たっつんのことを考えるだけで胸がドキドキして、ほとんど恋だった。

当時の自分に会いにいって、『はい、これTOKIOのライブのチケットだよ。生でTOKIOに会えるよ。喋るTOKIOも見られるんだよ!』ってチケットをあげたら、どんな顔をするんだろう。『音大きい? 大きいなら行かない』って怪訝な顔をされるだろうし、CDも一緒にプレゼントしたところで、『レンタルしてカセットに録音したやつあるから、いらない』って言われそう。カラーの歌詞カードも特典DVDもついてるのに。

そんな控えめでテレビっ子だったわたしには、やっぱり週二回、朝の情報番組にたっつんが出演することを教えてあげたい。ほんとに!?って目を輝かせたあと、8時まで見ていたら学校に間に合わないよ、って泣きそうな顔をするんだろうか。

もしあなたが2016年の10月までずっとファンでいるのなら、途中ほんの少し辛いことも起きるかもしれない。でも、胸を張って「たっつんのファンです」って言えるはずだよ。(あと、『何この俺様!』って思ってた光一くんの担当になるし、『みんなが好きだからわたしは好きじゃない』って言ってたKAT-TUNのコンサートにも行くようになるよ)だからほどよくがんばって。

*1:当時好きだったのは「ラブラブ♡マンハッタン」、リーダーの「オレンジ色の太陽」、カバーアルバムの「ブルドッグ」。我ながら渋い