たいやきやいた

たいやきはじめました。

"NEWSのコンサート"という贅沢を体験して

噂は耳にしていたけれど、NEWSは本当に4人の王子様からなる崇高なグループだった。

いやね、疑っていたわけではないんですよ。確かに、どこかで「彼らは本当に存在するんだろうか」と思っていたけど、架空の存在だとしても彼らが王子様の集いであることは明らか。この目で本物を見ることでやっと、実在するロイヤルなグループであることが私の中で裏付けられたのです。

ということで、『NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO』@東京ドームに行ってきましたよ〜〜〜!

f:id:taiyakisat:20160626140132j:plain


念願のNEWSのコンサート! 小山担のYちゃんに連れていってもらいました! ばんざーい!

コンサート中10回以上「私、生まれ変わったら絶対にジャニーズに入る!」って強く思ったし、この世に溢れるエネルギーから彼らの美しい肌を守りたいという使命感さえ湧いてきた。これこれ! これが見たかったの〜!という場面がたくさんありました。

 

もしくは夢の国のパレード

会場に入るとそこには格式高いコンサートホールのような、深紅のベルベットの幕。QUARTETTOというコンセプトのもと建てられたステージセットがロイヤルなNEWSにぴったり。メインステージからクラシックにきめた4人が飛び出てくるのかと思いきや、連獅子や民族衣装を思わせるお召し物を身に纏った4人が十字の花道先端からそれぞれ登場。いい意味で期待裏切られた〜〜〜! のっけからやられた〜〜〜! なんてキャッキャしているうちに次々とおなじみの曲達が披露されて、衣装もコロコロと衣装替え。楽しい。

外周も何度も回ってきてくれて、あまりにもその回数が多いものだから、いやそんな、NEWS様自ら回ってきてくださるなんて恐れ多い! 私たちが徒歩で回りましょうか!?という気分でした。その外周ぐるぐるがもうねー、最高なんですよ。一人ひとり上下する小さなステージに乗って、時にはそれが連結して回ってくれるんだけど、いわゆるお手振りタイムじゃないの。それぞれファンサも交えるんだけど、なんというかショーケースがムーヴしている感じなの。普段はとても手を出せないような宝石やパティスリーのケーキが次々と目の前に運ばれてくるような贅沢感と、それについて回る"アイドルとファン"というくっきりとした境界線! そこで冒頭の「NEWSは本当に4人の王子様だった」に戻るわけです。

 

印象的だったところ 

このコンサートで唯一ツッコミを入れるとしたら、シリウスのミニセグウェイ正しくはセグウェイからハンドルを取った電動二輪のスクーターのようなもの)でしょうか。

アルバムを初めて聴いたとき、手越くんの美しくて力強い歌い出しに感激したシリウス。コンサートの一番いいところで、夜空の演出をバックに歌うのかな、絶対泣いちゃうな……なんて想像していたらまさかのミニセグウェイで登場。超なめらかにそこそこのスピードで花道を移動するNEWS。そ、そうきたか〜〜〜! 開場前Yちゃんと「嵐の大野くんが自宅でミニセグウェイに乗っているらしい」なんて話をしたばかりだったし、春には滝沢歌舞伎でもミニセグウェイを取り入れた演出があったし、いまジャニーズ内で最も熱い乗り物ランキング1位がこのミニセグウェイなのかもしれない。そのうちローラースケートに並んでジャニーズの伝統になるかもしれないから、観る側もいまのうちに慣れておきたいですね。だって面白すぎるよ!

4人それぞれのソロもよかった。ソロコーナーというものがたぶん人生ではじめての体験。シゲの星の王子さまなんて私の拙い言葉ではとても表現できないくらい完璧な一つの作品だったし、個人的にアルバムで一番好きなまっすーのLIS'N(まっすーのりすんって響きからして素晴らしい)もダンスが加わることでアルバム以上に興奮して呼吸するのも忘れてた。愛のエレジーでまさか小山くんの花魁道中がみられるなんて思わなかったし、なにより隣で大興奮のYちゃんが可愛い(笑)。歌うことに徹した手越くんのEncoreはもう最高の一言。強くて美しい歌声は手越さんそのものを表しているようでした。

そしてなんといってもwonderですよ。メインステージに二本の足で立って歌うNEWSのエネルギーが地面を伝って吹き上げるようにぶわああと噴射する炎。それに応えるファンの熱気。全部がいっしょくたに合わさったときのアドレナリン! かっこよさに震えたり涙が溢れることって、これまでもこの先も滅多に経験できないんじゃないかな。ただただかっこよかった……。

NEWSは唯一"このグループだったらこの人!"というのが決められないグループだったので、今回のコンサートをみて一体誰に恋に落ちるのか、賭けというか、ちょっと楽しみにして参加したところがありました。しかしこの日一番うっとりしてしまったのは誰でもなく、指揮者の西本智実さん(ごめんなさい、だってめちゃくちゃタイプなんだもん。運命かと思った!)。い〜ところでオーケストラと共に登場してNEWSと四銃士を生コラボ。この上なく贅沢な時間でした。もちろんNEWSちゃん4人ともかっこよかったよ!

は〜〜〜〜〜。

アイドルのコンサートという非日常的な体験による日常生活への反動は大きい。頭の中はずっと夢見心地でふわふわした状態なのに、身体だけ一気に老け込んだきがする。彼らはファンのエネルギーが生み出す幻影で、求める声が大きければ大きいほどキラキラ輝いて、その代わりに一瞬の幸福を与えてくれるのかもしれない。

いつかこの感動に慣れて鈍感になってしまう日が来るのかな、と一瞬不安になるけれど、会場に溢れる笑顔を見ていたらそんな不安はすぐに消えちゃった。

ありがとうNEWS。ありがとうYちゃん。まずは新曲とシゲの忙しすぎる夏を追いかけたいと思います!